二重まぶた埋没法にデメリットはないのか

二重まぶた埋没法とは?

二重まぶたにする美容整形の最もスタンダードな方法に「二重まぶた埋没法」というものがあります。

これは、簡単に言うと、手術用の糸をまぶたに埋め込み、目を開くとまぶたの皮膚が糸に引っ張られて二重まぶたになるという方法です。

通常は、まぶたの皮膚に1mmほどの穴を開け、糸を埋め込む手術をします。

手術時間は、概ね10分〜20分程度で、プチ整形として幅広い年齢層の女性に人気のある方法です。


この二重まぶた埋没法には、主に2種類あり、「2点留め」と「止めた2点の糸をさらに絡めて強度を上げる方法」です。これらの名称はクリニックや美容形成外科によって様々ですのので、ここでは、「2点留め」「絡め留め」と表現していきます。

それぞれのメリット、デメリット等は以下のとおりです。

〇 2点留め

・メリット  腫れが少ない

・デメリット 緩みが出ることもある

・術後の腫れ 2〜4日

・完成まで  3〜4週間

〇 絡め留め

・メリット  強度があがり、持ちがいい

・デメリット 腫れが出やすい

・術後の腫れ 5〜7日

・完成まで  約4週間


どちらの方法も、当然、短時間であっても手術は手術です。皮膚を切り、異物を埋め込むわけですから、個々人によりますが腫れや内出血はあります。

費用対効果や手術の成否等、十二分に検討する必要があります


二重まぶた埋没法に失敗した例はあるの?

二重まぶた埋没法は、手軽に二重まぶたになれる手術として有名です。

しかし、手術は手術、当然、成功も失敗もあります

一般的には、成功者の声が大きく喧伝されることが多いのですが、その裏には失敗例も数多くあります。
例えば、二重まぶた埋没法において、まぶたの裏側のねん膜(結膜)に糸を通す埋没法の手術を受けた患者さんの眼球の角膜に、結膜から出ている糸によってキズがつき、目に後遺症が残ってしまったケースもあります。

二重まぶた埋没法による二重まぶた手術では、常にこのリスクが付きまといます。

新聞でも報道されましたが、「まぶた整形で視力低下。地裁判決で医師に2,800万円賠償命令」とか「二重まぶた手術で視力低下。病院に2,750万円賠償命令との見出しが世間を騒がせたこともあります。

残念ながら、美容整形手術では、さまざまな誇大広告や事実と違った広告、ネット等による口コミがあるのが現状です。

そのため、間違った広告や口コミなどにまどわされてしまい、安易に手術を受けてトラブルにあうこともあります。

特に若い女性は、美意識の高さゆえに簡単に手術に走る方も多いようです。

いいですか?二重まぶた埋没法を受けるなら、失敗もあるんだ、ということを見極めないと、目が元に戻らないことにもなりかねませんよ。

トラブルを回避は、自分自身でしかできません

そのことを十分に考えた上で、最善の判断をするしかありません。

二重まぶた埋没法のクレーム集

二重まぶたにする美容整形の最も簡単にできる方法は、「二重まぶた埋没法」であることは、前に述べた通りですが、前項にあるように失敗事例もあります。

また、失敗とか裁判沙汰にまではならないまでも、クレームや苦情があることも事実です。

現に、二重まぶた埋没法の手術後に様々なトラブルやに悩んでいる方もいます。

ここでは、主なクレームについてみてみましょう。

【二重まぶた埋没法のクレーム集】

1 すぐに二重が取れた

2 まぶたをおさえるとゴロゴロとした違和感がある

3 二重まぶたが不自然で思っていた通りでなかった

4 二重のラインが途中で途切れている

5 手術後の腫れがひどかった

6 麻酔注射がすごく痛かった

7 目がチクチクする

8 手術の跡が残っていて手術がばれてしまった

9 しばらくはコンタクトレンズができない



などなど、まだまだたくさんのクレームがありますが、主なところはこんな感じです。

でも、視力の低下がなかった分、まだマシなことかもしれません。

何度も言いますが、簡単な手術と言え、手術は手術です。

二重まぶた埋没法の手術を受ける際は、危険なデメリットがあることを十分に理解した上で臨んでくださいね。
 

二重まぶた埋没法で、あいのり桃にトラブル発生か?!

二重まぶた埋没法にチャレンジした、人気番組「あいのり」に出演した桃さんのまぶたにトラブル発生したらしいです。

どー見ても腫れぼったかった目を魅力的な二重まぶたにしたい!と、二重まぶた埋没法を施術したことは、桃さんのブログで確認していたのですが、なんと半年たってからのトラブル報告が!


桃さんのブログによると、以下のとおりのようです。

〇 まぶたの2カ所から糸を入れて二重ラインを作る

〇 手術の時間は約10分

〇 麻酔のせいで、ほぼ痛くない

〇 手術なので、やはり目が腫れる

〇 費用は10万円を超える


とブログで書いています。


そして、ここにきてのトラブル報告!

昨年8月に一重から二重に整形手術をした桃。「目の上に不安になるものが…」と題して「なんか、、、左目のまぶたにぽちっと。。」と小さな白い出来物があるまぶたの写真を公開。少しづつ大きくなっている気がするそうで、「埋没法の糸と関係あるのか、たまたまここにニキビができてしまったのか…。笑」と不安な様子をつづっっています。

現在は「半目だと見えるけど、目開くとわからない程度なんだけどね」と出来物の状態を明かし、「とりあえず病院行ってみたほうがいいのかな、痛くはないから放置でもいいのかな。」と気がかりなよう。ブログの最後には「なんせまだ埋没法歴半年。笑 経験ある人いますか?!?!」と結んでいます。

これが二重まぶた埋没法と関係があるのかどうか、これだけでは判断できませんが、不安材料であることは間違いありません

手術なしで二重まぶたになった方が、精神衛生上、または費用的にもいいのではないでしょうか?

自宅で簡単に二重まぶたになる方法を知りたい方は、こちらからどうぞ

⇒自宅で簡単に二重まぶたになる方法

 

サイトマップ