二重まぶたにする危険な方法があるという噂の検証

二重まぶたにする方法で、危険なやり方もあるという噂があるが・・

二重まぶたにする方法はいろいろなサイトで様々なやり方が提案されています。

しかし、中には非常に危険を伴う方法も提案されており、心が痛みます。

美しく、可愛く、きれいになりたい、との願望を実現させるyために苦慮している方に対して危険な方法を提唱するのは、誰のためにもなりません。ましてや、万が一失明などしたら誰が責任を取るのでしょうか?

危険な方法を試してみた方の個人責任というのは、その方法の提案者はあまりにも無責任です。

私は、間違ったやり方で不幸な事態が発生しないことを祈って、あえて商品名を上げて注意を促していきたいと考えています。


【オロナインH軟膏を使った方法】

なんと、皮膚用抗菌軟膏薬であるオロナインH軟膏を使って二重まぶたにできる方法を掲載しているサイトがあるとのことです。そして、オロナインで二重まぶたになった、とのウワサもまことしやかに流れています。

本当でしょうか?

そもそも、オロナインH軟膏は、吹き出物、にきび、軽いやけど、しもやけ、ひび、あかぎれ、水虫等に効果のある非常に優れた皮膚用の塗り薬です。

幅広い皮膚のトラブルに対して高い殺菌効果のある軟膏であり、二重まぶたにする効能はありません

にも拘わらず、まぶたにオロナインH軟膏を塗り、麺棒でラインを引き、絆創膏で留めて寝れば二重まぶたになれる、という方法が紹介されているようです。

これは、薬(オロナインH軟膏)の誤った使い方で、絶対にやってはいけません

オロナインH軟膏が目に入った時、非常に強い痛みがあって、眼科に行った、という話も聞きます。

また、ひどい時には目を開けられなくなった、ということも聞きました。

オロナインH軟膏は非常に優れた皮膚用の薬です。

決して、用途外の誤った使い方をしないようにしてください。

どうしても、自宅で簡単に二重まぶたにしたいのであれば、ナイトアイボーテのような二重まぶた養成専用のコスメをお勧めします



 

サイトマップ